2012年下期のLCD-TV市場は欧州金融危機の影響で低迷

2012年下期のLCD-TV世界市場は欧州金融危機の影響を受けて低迷する見通しとDigiTimesが報じている。米NPD DisplaySearchの調べに基づくもので、3D TVやLEDバックライト搭載の大型LCD-TVなどは成長を続ける模様。2012年の中国、ラテンアメリカなどの新興国におけるLCD-TV市場は前年比8%増となる見込み。2012年の世界TV市場に占めるLCD-TVのシェアは88%で、2015年には97%に達するとしている。一方、有機EL(OLED)-TVについては、今年後半から市場投入される見通しという

TSMC、米国における20nmプロセス製品の販促に注力

Taiwan Semiconductor Manufacturing(TSMC)は、米Appleをはじめとする20nmプロセス製品の潜在的な顧客に対する販売促進を目指し、2012年中旬より販売/設計サービス部門を米国に常駐させるとDigiTimesが報じている。同社は20nm R&Dラインの構築に向けた約7億ドルの投資を、当初の2013年から前倒しして2012年に実施するとしており、2013年末ごろに20nmの試験生産を開始するものと見られている。

2012年5月のアナログIC出荷額は前年同月比10.0%減に

WSTSの発表によると、2012年5月の世界アナログIC出荷額は前月比0.3%減、前年同月比10.0%減の31億9361万ドルとなった。地域別では、米州が前月比6.4%減、前年同月比10.0%減の4億4516万ドル、欧州が前月比5.4%減、前年同月比18.6%減の5億2180万ドル、日本が前月比1.2%減、前年同月比7.0%減の3億7915万ドル、アジアパシフィックが前月比3.0%増、前年同月比7.8%減の18億4750万ドルとなった。なお、5月の出荷個数は全体で前月比4.4%増、前年同月比3.5%減、同じく平均単価は前月比4.6%減、前年同月比6.7%減となった。

パナソニック、ドコモ向け「ELUGA V P-06D」を納入開始

パナソニック モバイルコミュニケーションズは7月9日、NTTドコモ向けスマートフォン「ELUGA V P-06D」の納入を開始したと発表した。ELUGA V P-06Dは、幅65mmの手のひらサイズに、4.6型HDディスプレイや約1320万画素カメラを搭載したAVスマートフォン。また、1.5GHz駆動のデュアルコアCPUを搭載しスムーズな操作を実現した他、“おくだけ充電”やワンセグ、防水・防塵対応など使いやすさも追求している。

NECカシオ、Xi対応スマホ「MEDIAS X N-07D」を発表

NECカシオモバイルコミュニケーションズは7月9日、NTTドコモ向けスマートフォンの新製品「MEDIAS X N-07D」を発表した。MEDIAS X N-07Dは、厚さ7.8mmの本体に、次世代通信サービス「Xi」やスマートフォン向け放送局「NOTTV」など最新機能を搭載したモデル。OSにはAndroid 4.0を採用、1.5GHz駆動のデュアルコアCPUや4.3型高精細HD LCDなどを搭載している。さらに、大容量バッテリーを搭載し、待ち受け時間は3Gで約520時間、LTEで約310時間、GSMで約400時間とした。

Samsung、2012年度Q2の売上高は47兆ウォンに

韓国Samsung Electoronicsは7月6日、2012年度第2四半期(2012.4~6)の暫定業績を発表した。売上高は47兆ウォン(約3兆2900億円)、営業利益は6兆7000億ウォン(4690億円)となる見込み。暫定実績は、韓国が採択している国際会計基準(K-IFRS)に基づき推定した結果で、決算が終了していない時点での暫定的な結果となる。

CMI、OLED/In-Cell型タッチパネルを量産へ

台湾Chimei Innolux(CMI)が2012年下期に白色有機EL(OLED)、2013年にIn-Cell技術をそれぞれ採用した中小型タッチパネルの量産を開始する見通しとDigiTimesが報じている。特にIn-Cell技術は、米Appleの次世代「iPhone」に採用される見込みで、Windows 8とUltrabookの需要拡大も追い風となる見通し。これにより、将来的には他のタッチパネルメーカーにも普及するとみられている。

エルピーダ/Micron、スポンサー契約に合意

エルピーダメモリと秋田エルピーダメモリ、米Micron Technologyは7月2日、Micronがエルピーダの取得/支援を目的とするスポンサー契約に調印したと発表した。支援金は総額2000億円で、一定の手続き費用などを控除した残額から更正担保権者/債権者への支払いが行われ、残った更正債権の支払い義務は更正手続きに基づき免除される。スポンサー契約実行時に、Micronは現金600億円でエルピーダへの100%出資を実施。その後、エルピーダはMicronの子会社として、Micronを顧客としたファンドリー事業などを通じ、2019年までにキャッシュフロー1400億円をMicronから得る。Micronは同契約において、一定の条件の下、エルピーダの設備投資への支援を行うこと、エルピーダの生産・従業員の雇用を維持することで合意しているという。この他、Micronは、エルピーダと台湾Powerchip Technologyの合弁会社である台湾Rexchip Electronicsに関して、Powerchipが保有する株式を取得する予定。
エルピーダメモリ

2012年5月の世界半導体出荷額は前年同月比3.2%減に

WSTSの発表によると、2012年5月の世界半導体出荷額は前月比3.9%減、前年同月比3.2%減の229億1838万ドルとなった。地域別では、米州が前月比12.3%減、前年同月比8.8%減の40億1461万ドル、欧州が前月比4.0%減、前年同月比14.2%減の26億3585万ドル、日本が前月比4.1%増、前年同月比3.1%増の32億485万ドル、アジアパシフィックが前月比2.9%減、前年同月比0.2%減の130億6308万ドルとなった。なお、5月の出荷個数は全体で前月比1.9%増、前年同月比0.2%減、平均単価は前月比5.7%減、前年同月比3.0%減となった。

Samsung、Smart TVのインフラ環境にWindows Azureを採用

韓国Samsung Electronicsは7月3日、自社製Smart TVのインフラストラクチャの運用環境として、パブリッククラウドサービス「Microsoft Windows Azure Platform」を採用すると発表した。これによりSamsungは、社内稼働のITサービスを拡大するコストと比べて10倍のコスト削減を実現。また、同社がすぐに必要とするサーバ/ストレージの設備を確保することが可能となり、顧客に高品質ソフトウェアとサービスを提供することに専念する時間が生まれたという。