カテゴリー : 部品・材料

AGC、次世代ディスプレイ向け超薄型ガラス積層技術を開発

旭硝子(AGC)は5月30日、超薄板ガラスをキャリアガラスへ貼り合わせる積層技術の開発に成功したと発表した。同社は厚さ0.1mmの超薄板ガラスを開発、実用化に向けロールに巻き取った超薄板ガラスを連続的に製造工程で用いるためのロールtoロール方式などの開発が進められているが、ユーザーの既存設備の大幅な変更が必要なことがネックとなる。今回、厚さ0.5mm程度のキャリアガラスに超薄板ガラスを積層する技術を開発、この積層基板は通常のシート状のガラスと同様に1枚ずつ扱うことができるため、設備を変更することなく超薄板ガラスに回路形成など処理を行うことが可能となる。

2012年3月の電子材料生産額は前年同月比128%増に

電子情報技術産業協会(JEITA)は5月31日、2012年3月の電子材料生産実績を発表した。電子材料の生産額は前年同月比128%増の226億6234万円となった。製品別で、ソフトフェライトが同15%減の6億8199万円、永久磁石が同141%増の219億8035万円となった。また、誘電体セラミックスの世界生産量は、原料が同27%減の90(重量指数)、電極材料が同19%減の196(同)となった。

IPC、2012年4月の北米PCBのB/Bレシオは1.04に

米IPCは5月25日、2012年4月の北米PCBのB/Bレシオが1.04になったと発表した。出荷額は前年同月比4.5%減、受注額は同8.3%減となった。このうち、リジッド基板のB/Bレシオは1.03で、出荷額は前年同月比3.6%減、受注額は同8.6%減となった。一方、フレキシブル基板のB/Bレシオは1.16、出荷額が前年同月比13.8%減、受注額が同5.2%減となった。

昭和電工、中国に高純度ガス関連の子会社を設立

昭和電工は5月25日、エレクトロニクス向け高純度ガス関連事業の中国100%子会社「Shanghai Showa Electronics Materials Co., Ltd.(SSE)」を設立したと発表した。中国Shanghai Synicaとの合弁会社Shanghai Showa Specialt Purificationが手掛ける半導体/LCD向けガス除害装置の製造・販売事業を引き継ぎ、8月の営業開始を予定している。将来的にはエレクトロニクス向け高純度ガスの製造・販売も手掛ける他、中国での物流拠点としての整備も進める計画という。

ソニー、次世代「iPhone」のインセル型タッチパネルを供給か

DigiTimesによると、米Apple製の次世代「iPhone」向けインセル型タッチパネルのサプライヤーとして、ソニーが新たに選ばれる見通しという。新型iPhone向けの同タッチパネルメーカーでは、韓国LG Display、東芝モバイルディスプレイ、シャープの名前が挙げられており、シャープの歩留り改善が遅れていることから、ソニーにチャンスが回ってきたという。ソニーは2011年下期に台湾HTC向けで4型のインセル型タッチパネルを5万枚出荷した実績があり、歩留りは70%に達している模様。

Dow Chemical、蛍光体開発ベンチャーLightscapeを買収

米The Dow Chemical Companyは5月16日、米SRI Internationalの子会社である米Lightscape Materialsを買収したと発表した。LightscapeはLED用蛍光体の開発を行っており、特殊蛍光体技術の特許を保有している。Dow ChemicalはLightscapeの技術を取り入れることで、LED関連技術をさらに拡充させるとしている。

MSYS、3次元造形装置用静電気対策材料を発表

丸紅情報システムズ(MSYS)は5月22日、3次元造形装置用静電気対策材料「ABS-ESD7」を発表した。3Dプリンタおよび3次元造形装置メーカー米Stratasys製のプラスチック樹脂積層型3次元造形装置用の造形材料で、絶縁体であるABS樹脂に導体の特性を持つカーボンを配合したもの。静電気を抑制するとともに、電気を帯びた場合はゆっくりと放電する静電気拡散性を備え、電子部品などの故障の原因となる急激な静電気放電が発生しにくいのが特徴。価格は1巻(1510cm3分)で12万6000円から。

2012年Q1のエポキシ樹脂出荷実績は前年同期比10.6%減に

エポキシ樹脂工業会は5月21日、2012年第1四半期のエポキシ樹脂出荷実績を発表した。輸出を含む総出荷量は前年同期比10.6%減の3万258tで、このうち国内出荷量は同6.1%減の2万5077t、輸出は同27.5%減の5181tとなった。用途別では、電気が同9.0%減の8784tとなった。

日本モレックス、次世代アンテナ技術「MobliquA」を発表

日本モレックスは5月21日、次世代アンテナ技術「MobliquA」を発表した。同社の標準/カスタムアンテナの設計で実績のある独自の帯域幅拡大アンテナ技術を採用、携帯電話やスマートフォン、産業用途の標準アンテナなどの製品において、インピーダンス帯域幅を従来より60~70%向上させる。また、従来のパッシブアンテナは複雑な折れ線形状のメアンダライン構造を用いているため、製造上の公差や機械的特性に制約があった。同技術では、シンプルな構造で堅牢性を備えたアンテナ設計が可能となり、各ビルドサイクル中の再チューニングを最小限に抑えられるという。

古河電工、世界初の超高圧高温超電導ケーブルを製造

古河電気工業は5月17日、世界最高の電圧階級となる275kV超電導ケーブルの長期課電・通電試験を中国子会社の瀋陽古河電纜有限公司で実施すると発表した。新エネルギー・産業技術総合開発機構から受託した「イットリウム系超電導電力機器技術開発プロジェクト」の一環で、気中終端接続部、中間接続部を持つ高温超電導ケーブルを布設し、高温超電導ケーブルとして必要な性能を検証する。30mの超電導ケーブルは、ビスキャ
スの市原工場で製造されている。
古河電気工業