カテゴリー : 未分類

Apple、最新の「MacBook Air/Pro」を発表、MacBook Pro」はRetinaディスプレイモデルも

米Appleは6月12日、Retinaディスプレイ搭載の15型「MacBook Pro」を発表した。IPSモードTFT-LCDを採用し、解像度は220ppiを実現。視野角は178度で前機種より反射が75%少なく、コントラストが29%向上しているという。MPUには「Intel Core i7クアッドコアプロセッサー」(2.7GHz)、GPUには「NVIDIA GeForce GT 650Mディスクリートグラフィックス」を採用、メモリは最大16Gバイト、SDDは最大768Gバイトを選択できる。

「MacBook Air/Pro」も発表した。MacBook Airは11/13型モデルがあり、MPUに「Intel Core i5/i7デュアルコアプロセッサー」、GPUには「Intel HD Graphics 4000」を採用。また、13型MacBook ProはMPUに「Intel Core i5/i7デュアルコアプロセッサー」、15型MacBook ProはMPUに「Intel Core i7 クアッドコアプロセッサー」(2.7GHz)、GPUに「NVIDIA GeForce GT 650Mディスクリートグラフィックス」を採用している。いずれもThunderboltポート1基、USB3.0ポート2基を備え、外部ディスプレイや周辺機器と簡単に接続できる。OSは「OS X Lion」がプリインストールされているが、後日リリースされる次期OS「OS X Mountain Lion」が無償で入手できる

2012年4月の北米半導体製造装置のBBレシオは1.10に

SEMIは5月22日、2012年4月の北米半導体製造装置のBBレシオが1.10になったと発表した。3か月の平均受注額は前月比10.7%増、前年同月比横ばいの16億700万ドル、平均出荷額は前月比13.0%増、前年同月比11.0%減の14億5470万ドルになった。SEMIでは、ファンドリーおよび組立ファンドリー向けが増加傾向にあるとしている。

日立/日立産機、250mWの920MHz帯無線通信機を試作

日立製作所と日立産機システムは5月23日、周波数920MHz帯で動作する出力250mWの無線通信機を試作し、技術基準適合証明を取得したと発表した。日立メディアエレクトロニクスの協力を得て、SAWフィルタを新たに開発。これにより、携帯電話の利用が予定されている近隣周波数帯における電波干渉を抑制できる。回路構成の工夫により、出力は250mWだけでなく、20mWと1mWにも切り換え可能。スマートグリッドなどの分野での適用を目指している。

中国における2011年のPC出荷台数は1億台を突破

米調査会社のNPD DisplaySearchは3月、中国における2011年下期の全PC出荷台数は前期比12.7%増の5340万台となり、通年では1億台を突破したと発表した。特にモバイルPCの需要が強く、2011年下期は前期比25%増の2650万台、2011年第3四半期(2011.7~9)では初めてモバイルPCがデスクトップを超えた模様。


Q1’12の太陽光発電世界需要は前年比146%増、ドイツの政策調整への期待から

PVメーカーはQ1~Q3の需要に沿って2012年出荷増を計画

2012年 4月2日発表(米国カリフォルニア州サンタクララ)—欧州の流動的な政策環境が追い風となって2012年初めのPV(太陽光発電)市場は好調な需要を記録、PVメーカーの年間出荷量増加への下地が整った。

ドイツでのPV奨励政策引き締めの延期などにより、Q1’12の世界需要は前期比35%減ながら前年比では146%増と大幅に拡大し6.9GWに達する見込みとなった。一方、2012年下半期は欧州需要が上半期に比べて27%減少する見通しで、例年と異なる動きを示すことになると見られている。

PV産業の最終市場収益は、Q4’11に世界全体で354億ドルに到達しQ4’10以来の最高レベルを記録したが、Q4’12には出荷量の減少と価格の下落により220億ドルまで落ち込むと予想されている。今から1年前には出荷と生産の両面で楽観的過ぎる見通しが立てられており、Q1’11~Q3’11の需要が世界的に脆弱だったため、昨年はPVチェーン全体で価格が崩壊する結果となった。

NPD SolarbuzzアナリストのMichael Barkerは「大手のセル/モジュールメーカーは2012年出荷計画を前年比23%増としており、昨年同時期の2011年出荷計画が同40%増だったことを考えるとかなり低い。2012年上半期に見込まれている需要の伸びがこれらメーカーの出荷増加計画の裏付けとなるだろう。しかし、2012年各四半期の予測によればQ4’12には生産量の削減が必要で、結果的には2012年末までの出荷量は前年比13%増にとどまることになりそうだ」と述べている。

Solarbuzz Quarterlyによると、中国や台湾、その他地域のメーカーの生産量シェアはQ4’10の69%からQ4’11には78%に上昇しているが、Q4’12のシェアは79%で今後は穏やかな伸びに留まる見通しである。川上企業のモジュール在庫日数はQ4’11末時点で前期より24%減少したが、これは最終四半期に一部メーカーで生産が減少し出荷が増えたことによる。Q4’11の需要急騰の恩恵を得たのはおもに川下企業で、その在庫日数は81%も減少している。

垂直統合型の欧米や日本のメーカーはQ4’11で粗利益率が3四半期連続マイナス、一方で中国のファーストティアメーカーの粗利益率平均は前期の12%からQ4’11には7%に下がっている。Michael Barkerは「大手PV企業の財務状況は厳しく、これまで以上の大幅な価格下落を吸収する柔軟性はすでにない。これ以上の利益縮小を防ぐために、需給バランスを注意深く見極めることが必要になるだろう」と結んでいる。

http://www.solarbuzz.com/jp/our-research/recent-findings/expectations-policy-adjustments-germany-drive-global-pv-demand-146-yy-q

富士通、CPUの動作を実時間精度で忠実に再現できる世界最高速のシミュレーション技術を開発

富士通研究所は、携帯電話や電子機器のCPUなどで広く使われているARMコアを利用したシステムを対象に、シミュレーション実行時にハードウェア上での動作を実時間精度で忠実に再現(サイクル動作)できる、世界最高速のシミュレーション技術を開発した。シミュレーションの高速実行基盤であるJITコンパイル方式をベースにサイクル動作シミュレーションを低負荷でおこなう技術を開発することにより、標準PC上の環境でOSを含むARMマルチコアシステムのサイクル動作シミュレーションを従来比100倍高速となる100MHz以上を実現した。

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2012/03/13-1.html


Samsung、2011年度第4四半期の暫定実績を発表

韓国Samsung Electronicsは1月6日、2011年度第4四半期の暫定実績を発表した。連結基準で、売上高が前年同期比12.2%増の47兆ウォン(46兆~48兆ウォン:約3兆2900億円)、営業利益が同72.8%増の5.2兆ウォン(5兆~5.4兆ウォン:約3640億円)と予想している。

これらにより、2011年12月期の全社売上高は164兆7000億ウォン(約11兆5290億円)、営業利益は16兆1500億円(約1兆1300億円)となる見込み。

Samsung Celebrates 300 Million Global Handset Sales in 2011 Samsung Seeking Mobile Leadership Through Innovative and Diverse Lineup

SEOUL, Korea – December 11, 2011 – Samsung Electronics Co., Ltd, a leading mobile handset provider, today announced that it has this year achieved annual mobile handset sales of 300 million units for the first time in Samsung’s history.

  続きを読む

SEMI、半導体製造装置の年末市場予測を発表

-2011年の半導体製造装置販売額は418億米ドルに達する見込み-

SEMI(本部:米国カリフォルニア州サンノゼ)は、12月6日、2011年年末の半導体製造装置市場予測を発表しました。それによると、2011年の半導体製造装置(新品)販売額は、418億ドルと予測されています。

続きを読む