カテゴリー : ソフトウェア

ソニー、米Adobeとプロフェッショナル映像制作領域における連携を強化

ソニーは、米Adobe Systemsとプロフェッショナル映像制作領域における連携を強化する。これまでに構築したXDCAM編集ワークフローに加え、高画質4Kコンテンツ制作ワークフローの構築、制作メタデータの運用によるワークフローの効率化、そしてXDCAM Stationとのインターオペラビリティを推進する。

ソニーは、新たに4K映像を撮影できるCineAltaカメラF65の映像素材をAdobeのノンリニア編集ソフトウェアAdobe Premiere Pro CS6に取り込み、編集できる再生ソフトウェア(DeBayer)を製品化。同製品は2012年8月のリリースを予定しており、F65RAW素材の高画質でのネイティブ編集や、低解像度映像の編集を行えるようになる。