2012年下期のLCD-TV市場は欧州金融危機の影響で低迷

2012年下期のLCD-TV世界市場は欧州金融危機の影響を受けて低迷する見通しとDigiTimesが報じている。米NPD DisplaySearchの調べに基づくもので、3D TVやLEDバックライト搭載の大型LCD-TVなどは成長を続ける模様。2012年の中国、ラテンアメリカなどの新興国におけるLCD-TV市場は前年比8%増となる見込み。2012年の世界TV市場に占めるLCD-TVのシェアは88%で、2015年には97%に達するとしている。一方、有機EL(OLED)-TVについては、今年後半から市場投入される見通しという

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。