CMI、OLED/In-Cell型タッチパネルを量産へ

台湾Chimei Innolux(CMI)が2012年下期に白色有機EL(OLED)、2013年にIn-Cell技術をそれぞれ採用した中小型タッチパネルの量産を開始する見通しとDigiTimesが報じている。特にIn-Cell技術は、米Appleの次世代「iPhone」に採用される見込みで、Windows 8とUltrabookの需要拡大も追い風となる見通し。これにより、将来的には他のタッチパネルメーカーにも普及するとみられている。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。