三菱、東北本線平泉駅に電力供給システムを納入

三菱電機は6月28日、東日本旅客鉄道の東北本線平泉駅(岩手県西磐井群)に、発電容量78kWの太陽光発電や蓄電池(Liイオン電池、240kWh)などを使用した電力供給システムを納入したと発表した。太陽光発電や蓄電池を組み合わせることで、晴天日においては夜間も含めて駅で消費する電力を太陽光発電で賄うゼロエミッションを実現するという。蓄電池からの放電後やシステム異常時は、商用電源から供給する。
三菱電機

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。