ソニー、医療用イメージマルチプレクサを発表

ソニーは6月26日、術野映像や生体情報など最大4映像を1画面に合成し、ネットワークを介して映像送信できる医療用イメージマルチプレクサ「VMI-40MD」を発売すると発表した。放送制作用スイッチャの開発で培った、複数映像ソースのリアルタイム合成処理技術を応用し、手術室内映像のライブ共有や遠隔医療支援に適しているという。また、Ethernet回線を通じて複数の臨床情報を送れることから、院内のネットワーク帯域の削減にもつながる。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。