テュフ、定置用Liイオン電池の認証試験施設がフル稼働に

テュフ ラインランド ジャパンは6月12日、2012年3月に経済産業省の定置用Liイオン蓄電池導入促進対策事業の補助金制度における認証機関に登録されたと発表した。これに伴い、4月に正式オープンした関西テクノロジーセンター(KTAC)のバッテリー試験施設がフル稼働状態にあるという。KTACは、総床面積2500m2を超える試験施設で、Liイオン電池、電気二重層コンデンサなどの再生可能エネルギー貯蔵システムや太陽光発電システムを対象にした各種試験に対応している。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。