Apple、最新の「MacBook Air/Pro」を発表、MacBook Pro」はRetinaディスプレイモデルも

米Appleは6月12日、Retinaディスプレイ搭載の15型「MacBook Pro」を発表した。IPSモードTFT-LCDを採用し、解像度は220ppiを実現。視野角は178度で前機種より反射が75%少なく、コントラストが29%向上しているという。MPUには「Intel Core i7クアッドコアプロセッサー」(2.7GHz)、GPUには「NVIDIA GeForce GT 650Mディスクリートグラフィックス」を採用、メモリは最大16Gバイト、SDDは最大768Gバイトを選択できる。

「MacBook Air/Pro」も発表した。MacBook Airは11/13型モデルがあり、MPUに「Intel Core i5/i7デュアルコアプロセッサー」、GPUには「Intel HD Graphics 4000」を採用。また、13型MacBook ProはMPUに「Intel Core i5/i7デュアルコアプロセッサー」、15型MacBook ProはMPUに「Intel Core i7 クアッドコアプロセッサー」(2.7GHz)、GPUに「NVIDIA GeForce GT 650Mディスクリートグラフィックス」を採用している。いずれもThunderboltポート1基、USB3.0ポート2基を備え、外部ディスプレイや周辺機器と簡単に接続できる。OSは「OS X Lion」がプリインストールされているが、後日リリースされる次期OS「OS X Mountain Lion」が無償で入手できる

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。