ソニー、大型CIS搭載のサイバーショット最上位機種を発表

ソニーは6月6日、デジタルカメラ“サイバーショット”の最上位機種「DSC-RX100」を発表した。新開発の大型(1.0型)で有効2020万画素の“Exmor”CMOSイメージセンサ(CIS)と大口径F1.8カールツァイス“バリオ・ゾナーT*(ティースター)”レンズを搭載。また、画像処理エンジンは“BIONZ”、背面モニタのエクストラファイン液晶には新開発の「WhiteMagic」を採用している。市場推定価格は7万円前後。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。