世界初、有機ELパネル使用の大型球体ディスプレイ

日本科学未来館「Geo-Cosmos」向けオーロラビジョンOLED納入のお知らせ

三菱電機株式会社は、日本科学未来館(館長:毛利 衛、東京都江東区青海)のシンボル展示「Geo-Cosmos(ジオ・コスモス)」向けに、有機EL方式大型映像装置(オーロラビジョンOLED)を納入しましたのでお知らせします。
大型球体ディスプレイの特長

日本科学未来館は、先端の科学技術への理解を深めるための拠点として2001年7月に開館しました。開館10周年にあわせて今回、シンボル展示である地球ディスプレイ「Geo-Cosmos」を、LED方式から有機EL方式に更新し、6月11日から一般に公開されます。

納入した装置は、パネルを組み合わせて大きさや形をフレキシブルに構成でき、軽量で高解像度な当社のオーロラビジョンOLEDを採用しており、世界で初めて有機ELパネルを使用した大型球体ディスプレイです。

96mm角の有機EL小型パネル1万362枚を、アルミニウム製の球体に敷き詰め、直径約6mの球体ディスプレイにしたもので、床上18mの位置に天井から吊るされています。従来のLED方式と比べて解像度が約10倍となる1千万画素以上の高解像度映像が表示でき、気象衛星が撮影した雲の動きなど、さまざまな地球の姿を鮮明に映し出します。

このGeo-Cosmosの制作は、日本科学未来館の企画コンセプトに基づき、株式会社電通の下、株式会社ゴーズ(画像処理・送出システムなど)、株式会社GKテック(球体設計・製作)、当社(有機ELディスプレイシステム)を合わせた4社の総合力を結集して完成したものです。

当社は今後も、設置場所にとらわれず、球体や曲面などに対応できる有機ELの特長を生かしたスケーラブルなスクリーンを拡販していきます。
三菱電機グループでは、映像表示機器や映像情報配信システムのあらゆるニーズに応える映像ソリューション「DIAMOND VISION SOLUTIONS」(ダイヤモンドビジョン ソリューション)を展開しています。

三菱電機ホームページより
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2011/0601.html?cid=rss

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。