シャープ、集光型3接合セルで変換効率43.5%を達成

シャープは5月31日、集光型化合物3接合太陽電池セルで世界最高の変換効率43.5%を達成したと発表した。今回開発したセルは、InGaAsをボトム層とする3つの光吸収層を効率良く積み上げる独自の技術を用い、受光面の電極間隔を最適化し、電気抵抗を最小限に抑えることで43.5%の変換効率を実現した。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。