Xilinx、世界初のヘテロジニアス3D FPGAを発表

米Xilinxは5月31日、世界初のヘテロジニアス3D FPGA「Virtex-7 H580T」を発表した。「Stacked Silicon Interconnect(SSI)Technology」によるパッケージ構造と、28nm高性能/低消費電力プロセスを採用。トランシーバは28Gbpsを最大16個、13.1Gbpsを72個搭載できる。Virtex-7 H580Tと100Gギアボックス、Ethernet MAC、OTN、Interlaken IPなどを活用することにより、CFP2光モジュールへ移行する際に要求されるエリア、消費電力、コストの要件を満たすシステム統合を可能にするという。開発ツールは「Vivado Design Suite」を用意している。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。