2011年Q2の世界TV市場は過去最低の成長率

調査会社DisplaySearchは8月25日、2011年第2四半期の世界TV出荷台数は前年同期比1%減、前期比0.4%増の5552万5000台になったと発表した。技術別シェアは、LCD-TVが前年同期比6%増の4446万9000台、PDP-TVが同6%減の423万6000台、有機EL-TVが同78%減の100台、CRT-TVが同31%減の679万6000台、リアプロジェクションTVが同8%減の2400台となった。LCD-TV以外は、価格やサイズなどの要因から軒並みシェアを下げた。メーカー別シェアは、韓国Samsung Electronicsがシェア22.6%でトップ、以下、韓国LG Electronics14.4%、ソニー11.7%、パナソニック9.4%、シャープ7.0%。パナソニックは今四半期から三洋電機分が含まれており、シャープを抜いて4位となった。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。