シャープ/ソニー、大型液晶パネル及び液晶モジュール製造・販売事業の合弁を解消

シャープとソニーは5月24日、大型液晶パネル及び液晶モジュール製造・販売事業の合弁を解消したと発表した。
両社の合弁事業として大型液晶パネル及び液晶モジュールを製造・販売するシャープディスプレイプロダクト(SDP)について、ソニーが保有するSDP株式(出資比率:7.04%)すべてをSDPに譲渡し、両社の合弁を解消することになった。
株式譲渡の対価として、SDPからソニーに対し出資時と同額の100億円が全額現金で支払われる。また、株式の譲渡及び対価の支払は、本年6月末までに実行される。
シャープの100%子会社であったSDPは、シャープが大阪府堺市に建設した液晶パネル工場を2009年7月1日に承継し、同年12月29日に実施した第三者割当増資によりソニーから100億円の出資(出資比率:7.04%)を受け、同日付けでシャープとソニーの合弁会社となった。その後、液晶パネル事業及び液晶テレビ事業を取り巻く市場環境の変化を踏まえ、2012年3月、ソニーからの追加投資を行なわないことに合意し、合弁契約を修正する覚書を締結していた。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。