日立/日立産機、250mWの920MHz帯無線通信機を試作

日立製作所と日立産機システムは5月23日、周波数920MHz帯で動作する出力250mWの無線通信機を試作し、技術基準適合証明を取得したと発表した。日立メディアエレクトロニクスの協力を得て、SAWフィルタを新たに開発。これにより、携帯電話の利用が予定されている近隣周波数帯における電波干渉を抑制できる。回路構成の工夫により、出力は250mWだけでなく、20mWと1mWにも切り換え可能。スマートグリッドなどの分野での適用を目指している。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。