MSYS、3次元造形装置用静電気対策材料を発表

丸紅情報システムズ(MSYS)は5月22日、3次元造形装置用静電気対策材料「ABS-ESD7」を発表した。3Dプリンタおよび3次元造形装置メーカー米Stratasys製のプラスチック樹脂積層型3次元造形装置用の造形材料で、絶縁体であるABS樹脂に導体の特性を持つカーボンを配合したもの。静電気を抑制するとともに、電気を帯びた場合はゆっくりと放電する静電気拡散性を備え、電子部品などの故障の原因となる急激な静電気放電が発生しにくいのが特徴。価格は1巻(1510cm3分)で12万6000円から。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。