2012年Q1のエポキシ樹脂出荷実績は前年同期比10.6%減に

エポキシ樹脂工業会は5月21日、2012年第1四半期のエポキシ樹脂出荷実績を発表した。輸出を含む総出荷量は前年同期比10.6%減の3万258tで、このうち国内出荷量は同6.1%減の2万5077t、輸出は同27.5%減の5181tとなった。用途別では、電気が同9.0%減の8784tとなった。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。