2012年の世界FAカメラ市場は79万台に

矢野経済研究所は5月21日、世界のFAカメラ市場は2005~2012年の年平均成長率(CAGR)が7.2%増に達する見通しと発表した。2011年は前年比7.5%増の74万3000台となった。国内では、アジアをはじめ海外に製造拠点を新設しており、FAカメラの需要が拡大した。中国ではこれまで不要とされてきたが、人件費が高騰してきたため、自動化を進めている。このため、日本、韓国、欧州メーカーを中心に中国市場で需要が増加している。韓国や台湾では、電子部品や医薬品向けの需要が伸びている。これらにより、2012年は前年比6.3%増の79万台と予測している。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。