東芝など9社、日米共同実証プロジェクトをスタート

東芝、清水建設、シャープ、明電舎、東京ガス、三菱重工業、富士電機、古河電気工業、古河電池は5月18日、米ニューメキシコ州Albuquerqueにおいてスマートグリッドの実証プロジェクトを開始したと発表した。同プロジェクトは、新エネルギー・産業技術総合開発機構から受託した「アルバカーキ市における商業地域スマートグリッド実証プロジェクト」で、研究期間は2014年3月までの約2年間。既存の商業ビルに太陽光発電50kW、ガスエンジン発電機240kW、燃料電池80kW、蓄電池90kWを電源とするマイクログリッドを構築、各設備を制御することでビル内の需給調整などを行う。また、米国からは地域の電力会社であるPublic Service Co. of New Mexico、サンディア国立研究所、ニューメキシコ大学が参画している。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。