バッファロー、MRAMキャッシュ搭載のSSDを発表

バッファローメモリは、MRAMキャッシュ搭載のSSDを発表した。MRAMを利用するメリットとしては、SSDへの電源が遮断された場合も書き込み中のデータが消失することがなくなる他、再起動時の故障も回避することできることなどがある。これまではSSD内の管理データをDRAMに書き込む必要があったが、MRAMではデータを保持できるため、起動時間の高速化できる。さらに、リード/ライトなどのアクセスがない時はキャッシュメモリへの給電を停止して消費電力が抑えることができる。
同製品の用途としては、社会インフラ向けのサーバなど信頼性が要求される製品を最初のターゲットとするという。現在、特定ユーザー向けにサンプル出荷中。
価格は4Gバイト品が8万円、8Gバイト品が10万円。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。