TSMCの20nm計画前倒しはAppleからの受注狙いか?

大手ファンドリーTaiwan Semiconductor Manufacturing(TSMC)が20nmノード製品の生産開始を前倒しする計画を推進していることについて、米Appleの次世代MPUの注文に備えるためとの見方が浮上しているとDigiTimesが報じている。現在、TSMCの28nmラインは需要にして能力不足になっており、20nm向けの投資を早めることで、Appleを含む潜在顧客からの受注に対応したいと目論んでいるという。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。