2012年3月のデジタルスチルカメラの出荷台数は前年同月比4.7%減に

カメラ映像機器工業会(CIPA)は4月26日、2012年3月のデジタルスチルカメラ(DSC)出荷統計を発表した。それによると、出荷台数は前年同月比4.7%減の1086万1435台、金額ベースでは同15.4%増の1596億3399万円となった。国内出荷分は台数ベースで同16.9%増の100万6239台、金額ベースでは同26.2%増の187億3360万円となった。輸出分は台数ベースで同6.5%減の985万5196台、金額ベースでは同14.1%増の1409億39万円。また、生産台数は同2.8%減の1092万3655台、金額ベースでは同13.6%増の1193億6898万円となった。

カメラ映像機器工業会


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。