超大画面フィルム型ディスプレイが、渋谷の商業施設「ShinQs」(シンクス)のデジタルサイネージとして採用

篠田プラズマは、大画面フィルム型ディスプレイ「SHiPLA(シプラ)」が、東急百貨店の新しい商業施設「ShinQs(シンクス)」に採用されたと発表した。今回の凸面形状のディスプレイは、凸版印刷の館内案内システムおよびマルチディスプレイ向け配信サービスとの連携運用と合わせて採用された。ShinQs(シンクス)は4月26日に渋谷ヒカリエと同時に開業が予定されている。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。