2012年3月の民生用電子機器の国内出荷金額は前年同月比34.3%減に

電子情報技術産業協会(JEITA)は4月23日、2012年3月の民生用電子機器の国内出荷金額が前年同月比34.3%減の1839億円で8か月連続のマイナスになったと発表した。このうち映像機器は同54.4%減の1001億円で8か月連続のマイナス、音声機器は同14.0%減の112億円で15か月連続のマイナスとなったが、カーAVC機器は同52.5%増の726億円で4か月連続でプラスとなった。また、2011年度(2011.4~2012.3)の国内総出荷額は前年比31.5%減の2兆5738億円で、3年ぶりにマイナスとなった。

JEITA

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。