シャープの液晶がボーイング787のコックピット用ディスプレイに採用

シャープの液晶ディスプレイが、ボーイングの最新鋭航空機ボーイング787のコックピット用ディスプレイに採用された。
独自のASV技術を採用した航空機向けの専用ディスプレイで、高コントラスト、広視野角、高色度などを実現しており、飛行に関する様々な情報を正確に表示することができる。また、温度や気圧の変化、振動や衝撃などに対する高い耐久性も有している。
シャープの液晶は、1991年より大手航空電子サプライヤーのロックウェルコリンズ社を通じて、航空機のコックピット用ディスプレイの納入を開始。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。