理研/NEC、超伝導材料における磁束の量子トンネル現象を確認

理化学研究所とNECは4月19日、コヒーレント量子位相スリップ(CQPS)効果によって、磁束が完全反磁性に反して量子的に超伝導材料をトンネル(透過)する現象を実験で証明した。InOx薄膜を用いて微細な超伝導細線と超伝導ループを組み合わせた新構造の超伝導磁束量子ビットを作製。これに外部から小さな磁場を印加しつつマイクロ波を照射したところ、磁束がエネルギーを失わずに細線を透過したことを示すエネルギーバンドギャップを観測したという。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。