キヤノン、4K動画記録が可能な一眼レフカメラを発表

キヤノンは、映画などの映像制作向け「CINEMA EOS SYSTEM」のラインナップとして、4K(4096×2160画素)動画記録が可能なデジタル一眼レフカメラ「EOS-1D C」を発表した。35mmフルサイズ、約1810万画像のCMOSセンサを搭載し、常用ISO感度を最高ISO25600まで拡大した。撮影した映像をカメラ本体に挿入したCFカードに記録する他、非圧縮のYCbCr 4:2:2信号でHDMI端子から出力して外部レコーダに記録できる。価格はオープン価格。販売開始は10月の予定。
また、キヤノンは映画などの映像制作向けデジタルシネマカメラ「EOS C500/C500PL」を開発中であることを発表した。4K(4096×2160画像)の撮影映像を、画質を劣化させずにRAWデータで出力可能なレンズ交換式の製品。2K(2048×1080画像)出力において、豊富な色情報を持ち、クロマキー合成などの画像処理との親和性が高いRGB 4:4:4信号(12ビット)を採用している。詳細な仕様や価格は未定だが、2012年中に販売を予定している。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。