サムスン電子、ソーラー充電エコのミニノートPC発売

三星(サムスン)電子が太陽光充電が可能な10.1型エコのミニノートPC”三星センスNC215″を国内市場にお目見えする。
NC215は、太陽エネルギーによる充電が可能なミニノートパソコンで、今年5月、サムスン電子、アフリカフォーラムで披露し、地域の特性を活かした環境にやさしい製品として話題を集めた。
NC215のカバーには、ソーラー(Solar)のパネルがあり、日光の下で自動的に充電される。晴れた正午の太陽光発電(約87,000 LUX)に2時間暴露すると、一時間ほどの製品を使用することができる。
バッテリー完全に充電時の最大14時間使用可能で、サムスンモバイルPCの独自のバッテリー技術であるパワープラス(Power Plus)を適用し、最大1,000回の

バッテリ充電をサポートしています。
エネルギー効率が向上し、使用量を削減するために適用される技術が認められ、NC215は、”消費者市民の会”主催の第15回”今年のエネルギー技術賞”を受賞した。
また、TCOが選定した、エネルギー消費量、画質、低騒音などの厳しい基準を合格し、TCOの認証も獲得した。
NC215は、スリムなベゼル、ファストスタート(Fast Start)技術は、1.32kgの重量など携帯性を極大化したのが特徴で、傷を防止している三星(サムスン)のDuracaseを適用して、日常生活から製品を保護します。
ディスプレイベゼルの厚さを17.5mmと薄く減らして洗練されたデザインを取り揃えたし、これにより、ミニノートPCですが、相対的に広い画面を楽しむことができるようにした。
ファストスタート(Fast Start)技術を適用し、製品を覆う時、スリープモードに入り、自動的に現在の状態を保存し、再起動するのに3秒しか掛からないため、頻繁な移動中に電源オンオフの操作なしにツコンマン開いたり、閉じたり、迅速な作業をすることができる。
スリープアンドチャージ(Sleep&Charge)USB技術でPCがオフまたは省電力モードでも、スマートフォン、MP3などのデバイスを充電でき、ソーラー充電の長所を極大化する。
また、プレミアム製品に適用されるペブル(Pebble)キーボードを適用し、キーの間の間隔が広く、入力が便利で、ミスの発生率が少ない。
三星(サムスン)電子ITソリューション事業部戦略マーケティングチーム長オムギュホ専務は、”太陽光充電ネットブックは、サムスン電子の持続的な革新は何かを説明する製品”とし、”NC215の環境性、モビリティ、使いやすさ性の顧客を満足させること”と明らかにした。
NC 215Sは8月23日に販売を開始し、国内での販売に行く59万9千ウォンだ。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。