ドコモ、 富士通など電機メーカー5社との半導体共同開発を中止

ドコモは4月2日、富士通、富士通セミコンダクター、日本電気、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、Samsung Electronicsの5社と2011年12月に、通信機器向け半導体の開発、販売を行う合弁会社設立を目的とした合弁契約を締結したが、目標とする2012年3月末日までに当事者間で最終合意に至らなかったことから、当該合弁契約を解消した。

それに合わせて、準備会社である「通信プラットフォーム企画株式会社」については2012年6月を目処に清算することになった。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。