SunPower、変換効率24%の第3世代太陽電池を量産開始

米SunPowerは3月28日、世界最高となる変換効率24%を達成した第3世代バックコンタクト型太陽電池「Maxeon」の量産を開始した。160mmの大きさで、1m2当たりのエネルギー生産量を比べた場合、従来の結晶系太陽電池よりも多くのエネルギー生産を実現した。逆バイアス時の降伏電圧が低いため、影や埃の多い環境での発電能力が向上。高温環境でも多くのエネルギーを生み出すことができるという。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。