ビッグデータから必要なデータをクラウドに効率的に収集する分散処理技術を開発

富士通研究所は、クラウドに収集される大量の実世界のデータを、ネットワークを中継するゲートウェイを介して効率的に収集する分散処理技術の開発に業界で初めて成功したと発表した。クラウド上の処理の一部をゲートウェイに最適に分散配置するアルゴリズムを開発。これによって、ゲートウェイ上でデータ処理を行いビッグデータから必要なデータを効率的にクラウドに収集することで、通信量を従来の約1/100に削減することが可能となる。

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2012/03/13.html


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。