2011年Q4のモバイルPC市場においてAppleが首位を堅持

米DisplaySaerchは2月23日、2011年第4四半期のタブレット型端末とノートPCを合わせたモバイルPC市場の出荷ベースシェアを発表した。米Appleは2011年第4四半期は前年同期比128%増の約2340万台、2011年通期では前年比132増の6280万台以上となった。このうち「iPad」が80%以上を占めて2011年Q4には前年同月比156%増の1870万台以上、2011年通期では前年比183%増の4840万台となった。2011年のモバイルPCのメーカー別シェアは1位がAppleで26.6%、2位が米Hewlett-Packard(HP)で9.9%、3位が米Dellで7.9%、4位が台湾Acer Groupで7.7%、5位が中国Lenovoとなった。
 また、タブレットPCのみのシェアは、1位がAppleで59.1%(1870万台)、2位がAmazonで16.7%(530万台)、3位がSamsung Electronicsで6.7%(210万台)、4位が台湾ASUSTeK Computerで4.6%(1.5%)、5位がBarnes and Nobleで3.5%(1.1%)となった。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。