Tabula、Intelの22nmプロセスを用いてPLDを製造

DigiTimesによると、米Tabulaが米Intelの3Dトライゲートトランジスタを採用した22nmプロセスにより、PLD「ABAX」ファミリを製造するという。前世代のABAXの製造にはTaiwan Semiconductor Manufacturing(TSMC)の40nmプロセスを採用していた。一方、Intelは以前に米Achronix SemiconductorのFPGA製品を同プロセスで製造するとコメントしている。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。