2012年1月のPC国内総出荷台数は前年同月比2.5%減に

電子情報技術産業協会(JEITA)は2月23日、2012年1月のPC国内出荷実績を発表した。総出荷台数は前年同月比2.5%減の74万8000台で、ノートPCの比率は68.2%。個人向けの新製品発売時期の違いが大きく影響したものの、法人向けのリプレース需要が堅調に推移し、全体では微減となった。総出荷額は同15.4%減の550億円で、このうちノートPCは370億円となった。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。