ソニー、書き込み速度 1Gbpsの「XQD」メモリーカードを発表

ソニーは1月6日、新規格「XQD」に対応したメモリーカード『QD-H16』(16GBモデル) / 『QD-H32』(32GBモデル)を発表した。業界標準のPCI Expressインターフェース、独自の高速データ処理用コントローラー、高速化に適したフラッシュメモリーを採用することで、書き込み速度1Gbpsを実現。ニコンから発売される対応製品「D4」では、約100コマの連続撮影枚数が可能となっている。同時発売のUSB3.0対応カードリーダー「MRW-E80」は、撮影した高画質な静止画などの大容量データをメモリーカードからパソコンへ高速転送できる。
XQDは、米SanDisk、ソニー、ニコンが提案し、2011年12月7日に国際的な標準化推進団体であるコンパクトフラッシュアソシエーション(CFA:CompactFlash Association)から採用が発表された次世代メモリーカード規格で、速度理論値は2.5Gbps、将来的には5Gbpsまで対応の予定。容量は理論上2Tバイトを超えるサイズまで拡大可能という。
『QD-H16』(16GBモデル) / 『QD-H32』(32GBモデル) 、XQDカードリーダー「MRW-E80」、XQDエクスプレスカードアダプター 『QDA-EX1』はオープン価格で、2月15日より発売する。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。